体験入店とはいえ働いた分はしっかりお給料が支払われるため「プロのキャスト」としての資質や気配り、常識などが試されています。
特に夜の世界はマナーが厳格。
だから最低限必要なマナーを覚えておくと仕事もしやすくなりますよ。
このページでは京都のキャバクラ体験入店で役立つ、キャストが押さえるべきテーブルマナー等をまとめています。

キャバ嬢が知っておきたい最低限のマナー

右も左もわからない体験入店ではマナーを覚えるどころではないかもしれませんが、ナイトワークはテーブルマナーがとても重要
まずおしぼりですが、これをボーイから渡された時は「このおしぼりをお客様にお出ししてください」という事。

ここでおしぼりをそのまま渡すのはNG。
おしぼりはキャストが開いて両手で顧客に渡します。
この時、キャストは仏頂面ではなくニッコリと笑顔を見せる事。
「どうぞ、お使いください」と一言添えれば女性らしさもアップしますね。

煙草を吸うお客さんの場合、火をつけるのはキャストの仕事です。
必ず自分の手元で火をつけ、それを相手の煙草に近づけて火をつけます。
灰皿はタバコの吸い殻が2~3本溜まったら取り替えます。

グラスについた水滴は、おしぼりか持っているハンカチなどで拭きます。
テーブルの上に水滴がついて汚くなった時もおしぼりでサッと拭きましょう。
テーブルはつねに綺麗に保つのが基本。
ゴミがあれば拾ってまとめておきます。
ボーイを呼んで片付けてもらって構いません。

キャバ嬢が気をつけたい会話のマナー

キャバクラでの楽しみは、お酒を飲むだけではなくキャストとの会話にあります。
キャストが場を盛りあげる話術に長けていれば「次も是非会いたいな」と本指名してもらえる可能性もアップ。

まず大事な事は言葉遣い
キャストは接客業のプロでなければなりませんので、下品な言葉遣いや相手の心を傷つける言葉は厳禁。
感情的になって「デブ、ハゲ」など、相手を馬鹿にするような言葉遣いをするのでは失格です。

他のキャストや顧客の悪口、陰口を言う、キャストの本名や住所などプライバシーに関わる事を勝手に教える、自分の事ばかり話し相手に話しをする隙を与えない(相手の話しを聞く姿勢が無い)、会話に入ってこない、声が小さい、暗い話し(愚痴や文句)が多いと、顧客から気に入られるのは難しくなります。

顧客がわざわざ高いお金を払ってキャバクラに来る理由を考えてみてください。
お金を払って愚痴や悪口を聞くためではありません。
キャストと楽しく会話してストレス発散をするためです。

そのためには顧客が気持ちよくお喋りできる雰囲気や話題を振るのが基本
男性が興味を持つような話題はなかなか出てこないかもしれませんが、最低限新聞を読む、ネットの記事を読むなどして共通の話題を仕入れておくのが良いですね。

お店によっては「毎日、日経平均やドル円の相場をチェックしておきなさい」と言われる事もあります。
経済の専門家になれとは言いませんが、せめて円高と円安の意味くらいは知っておきたいものですね。

お客様に気持ちよくなってもらうキャバ嬢の接客